日経225mini寄り引け+αトレードシステム~Quail~

日経225mini先物寄り引けシステムトレードのシグナルを無料公開  +α「LC後の世界」も見てね ~Quail~は「クエール」と読みます

先物取引とは

ブログトップ シグナル公開 トレードシステム おすすめ証券会社 システムトレードの作り方 このブログについて

【保存版】日経225(mini)先物取引におすすめの証券会社(寄り引けトレードにおすすめも)~SBIネオトレード証券編~

【保存版】日経225(min)先物取引におすすめの証券会社-SBIネオトレード証券

初回投稿日:2021年1月27日  最終更新日:2021年1月30日

 

当記事にある数値等はすべて各証券会社のHPより抜粋しており、おすすめ度と所感は管理人の独断や私見、経験によるものです。一部ネット記事も参考にしています。

免責事項もご覧ください。

 

この記事ではSBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)について紹介します。

 

 

【保存版】日経225(mini)先物取引におすすめの証券会社(寄り引けトレードにおすすめも)~TOP~はこちら

 

 

SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)   (管理人開設済)

通常コースおすすめ度:★★★★★

1セッション限定コースおすすめ度:ー

(SBIネオトレード証券は1セッション限定コースの設定がありません)

 

1948年(昭和23年)に更栄証券株式会社として設立。

2020年3月期の営業収益(≒売上高) が約31億円でネット証券の中でも小規模の証券会社です。

2021年1月に「ライブスター証券」から「SBIネオトレード証券」に商号変更しました。商号変更による手数料等の変更はありませんでした。

安くなると期待したのに・・・

 

1セッション限定コース名:ー

 

手数料:

 通常コース手数料(税込):

  ラージ1枚片道:210円

  mini1枚片道:36円

 

 

主な特殊注文:

 逆指値S・逆指値M・OCO・IFD・IFDO

 「逆指値S」は一般的な逆指値です。「逆指値M」は現在価格より下に買い注文、現在価格より上に売注文を出します。「指値」に近い注文方法ですが、ターゲット価格に一瞬でもタッチすると注文が執行されるので、「指値」では拾いきれない「ターゲット価格に一瞬だけタッチ」という場面で約定しやすくなります。

 

 日経225(mini)先物等のリスクについてはこちら

 

 

 

所感:

 SBIネオトレード証券の魅力は何といっても手数料が安いところでしょう。

 ライブスター証券からの商号変更で更なる値下げを期待しましたが、残念ながらそうはいきませんでした。2010年代前半はシステム障害が多く”使えたもんじゃない”という評価もよく見ましたが、近年は目立った障害は少ないようです。

 管理人は「1セッション限定」ではない取引(私はやってはいけない裁量取引(笑))を行う場合はSBIネオトレード証券を利用していました。

 SBI証券には1セッション限定のHYPER先物がありますので、同じSBIグループのこちらにも設定されると寄り引けトレードがしやすくなりますね。

 

他には以下の証券会社を紹介しています。

岡三オンライン証券

松井証券

日産証券

SBI証券

 

 

手数料を比較したい方はこちら