日経225mini寄り引け+αトレードシステム~Quail~

日経225mini先物寄り引けシステムトレードのシグナルを無料公開  +α「LC後の世界」も見てね ~Quail~は「クエール」と読みます

先物取引とは

ブログトップ シグナル公開 トレードシステム おすすめ証券会社 システムトレードの作り方 このブログについて

【保存版】日経225(mini)先物取引におすすめの証券会社(寄り引けトレードにおすすめも)~松井証券編~

【保存版】日経225(min)先物取引におすすめの証券会社-松井証券

初回投稿日:2021年1月27日  最終更新日:2021年3月15日

 

当記事にある数値等はすべて各証券会社のHPより抜粋しており、おすすめ度と所感は管理人の独断や私見、経験によるものです。一部ネット記事も参考にしています。

免責事項もご覧ください。

 

この記事では松井証券について紹介します。

 

 

【保存版】日経225(mini)先物取引におすすめの証券会社(寄り引けトレードにおすすめも)~TOP~はこちら

 

 

松井証券   (管理人未開設)

通常コースおすすめ度:★★★★

1セッション限定コースおすすめ度:★★★★

松井証券

 

1918年(大正7年)松井房吉商店創業。1947年(昭和22年)松井證券株式会社に商号変更。

2020年3月期の営業収益(≒売上高) が約242億円の歴史ある証券会社です。

また、どこの証券会社も行っていない新しいサービスをいち早く提供してくれる「業界初」が多い証券会社でもあります。

1セッション限定の先物取引(一日先物取引)も2015年に松井証券が初めて導入しました。

 

1セッション限定コース名:一日先物取引

 

手数料:

 通常コース手数料(税込):

  ラージ1枚片道:220円

  mini1枚片道:38円

 

 一日先物取引手数料(税込):

  ラージ1枚片道:165円

  mini1枚片道:27円

 

主な特殊注文:

 逆指値・OCO・IFD・IFDO

 「追跡指値」という形で「OCO」が、「返済予約」という形で「IFD」や「IFDO」が実現できるようです。

 

ロスカット機能:

 標準コース(ロスカット口座)・一日先物取引において「SPAN証拠金額×証券会社掛目×30%」または「必要証拠金額×30%」のどちらか小さな値で発動(標準設定の場合)

(証拠金余力の範囲で標準設定より高い金額に限り変更可能)

 

 日経225(mini)先物等のリスクについてはこちら

 

 

 

所感:

 手数料の安さが魅力です。

 一日先物取引を業界で初めて導入したように、これからも新しいサービスの開始が期待できます。

 創業当初から経営母体が変わっていないところも安心感につながります。会社は老舗ですが、新しいもの好きな方におすすめです。 

 システム障害のお知らせもあまり聞いたことがなく、システム障害時の対応についてHPに詳細に記載されている点が好印象です。システム障害は100%避けられるものではないので、こういった体制も企業が長続きする要因なのかもしれませんね。

 また、他にはないサービスは1セッション限定コースで「ミニTOPIX先物」の取り扱いがある点です。日経225miniに流動性は及びませんが日経225miniとまた違った傾向がみられるかもしれません。

 管理人が松井証券に口座開設していないのは、なんとなく縁がないというだけで避けているわけではありません(笑)

 

松井証券についてさらに詳しく知りたい方は・・・

松井証券

 

 

他には以下の証券会社を紹介しています。

岡三オンライン証券

日産証券

SBI証券

SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)

 

 

手数料を比較したい方はこちら

 

 

 2021年2月22日よりFXサービスが刷新し「松井証券 MATSUI FX」というサービスが開始されたそうです。このサービスでは最低取引単位が1通貨単位に引き下げられ100円から取引可能とのことです。

 主要ネット証券では初ということで、やはり新しいサービスをいち早く提供してくれる証券会社です(^^)。

 

「松井証券 MATSUI FX」に興味がある方はこちらから・・・

松井証券FX 新規口座開設獲得プロモーション