Web Analytics

日経225mini寄り引け+αトレードシステム~Quail~

日経225mini先物寄り引けシステムトレードのシグナルを無料公開

ブログトップ シグナル公開 トレードシステム システムトレードの作り方 おすすめ証券会社 このブログについて

先物取引とは 投資信託のすすめ

~Quail~2021年の年間成績

~Quail~2021年の年間成績

 

 当ブログでシグナルの公開を始めて、ちょうど1年経ちます。

 まずは、当ブログをご覧いただいた方に感謝ですm(__)m。

 1年間無事にブログを継続できたことも、ご覧いただいた皆様のおかげです(^^)。

 

 そして肝心の成績は、12月月間成績の記事にも書きましたが、"グダグダ"の一言でした(><)。

 

 なにはともあれ、成績をご覧ください。。

 

トータル 83勝 110敗 4分 48送  -12,275円

 

 日経225mini先物で取引しているため、この収支の100倍が実際の収支金額になるので・・・

 ① -12,275円 × 100 = -1,227,500円

 ② 手数料: 870枚 × 27円(片道) ×2(往復) =  46,980円

 (岡三オンライン証券のアクティブ先物取引で取引した場合)

 

 計:-1,227,500円 - 46,980円 = -1,274,480円

 

 はい、目も当てられません・・・(恥;)

 勝率42%って・・・。

   

 

 

 

 

 

参考値ですが「日中寄り引け」と「利確後の世界・LC後の世界」を切り分けた成績も掲載します。

 

 

 「日中寄り引け」だけなら戦えていると言えないこともないですが、やっぱり"グダグダ"ですね(泣;)。

 

 

 管理人なりに今年の敗因を分析してみました。

 ※以下は管理人の私見がほとんどです。適当に読み流してくださいm(__)m

 

 大きな敗因は2つ。

 

 1つ目はロスカット幅にあると思っています。

 

 1月~7月までは一番狭くて45円というロスカット幅を採用していました。

 管理人の肌感覚ですが、2020年までは寄り付きから10時くらいまででその日が寄り値よりも上で推移するのか下で推移するのかが大体決まって、寄り値に戻ることない範囲で上下する展開がスタンダードだったと思います。

 そのためごく狭いロスカット幅でも対応できていました。

 ロスカット幅が狭いと、取引枚数を多くすることができていました。

 

 ところが今年はそれが全く機能しなくなり、一度大きく上げて(下げて)も平気で(笑)寄り値まで戻ってくるような展開が多くみられました。

 

 理由は日経平均株価の絶対値が大きくなったこと、大口の自動売買が更に加速してきたこと等かな~と勝手に考えています(笑)。

 

 

 そして2つ目はLC後の世界の不振です。

 

 ロスカット幅が機能していないので上手くいくはずもなく、収支の悪化に拍車をかける結果となりました。

 ブログ名に「LC後の世界」を意味する「+α」を入れているため撤退するわけにもいかず(笑)対応が後手になってしまいました(><)。

 

 

 これらに対応するため、夏ごろ「LC幅の見直し」・「取引枚数の見直し」・「利確の導入」を行いました。

 

 

 多少の手ごたえはありましたが、まだ不十分だったため、11月からは「0枚取引低減」・「利確後の世界の導入」・「先物価格の水準によるLC幅の補正」を行いました。

 LC幅の補正とは例えば、先物価格が10,000円の時と30,000円の時でLC幅の補正を行うものです(先物価格が大きいほどLC幅水準を広くします)。

 

 LC幅の補正は2020年時点のバックテストでは優位性が乏しかったため採用していないものでしたが、日経平均が3万円を超えてきた昨今、使えるロジックになってきた感じがします。

 

 また、同時期には夜間の4本値①寄り~22:29の4本値②22:30~引けの4本値に分けてデータ収集、「日中寄り引け」の売買シグナルの算出ロジックを調整しました。

 そして、ブログの成績とは直接無関係ですが「夜間寄り引け」から撤退、「夜間22:30~引け」を導入しました。

 

 これらの対応で11月以降は少しまともに戦えるようになってきたと思います(~~)。

 

 1月からは「取引枚数」についても「先物価格の水準による補正」(価格水準が上がった(下がった)場合、取引枚数を減らす(増やす))を行う予定です(微調整なので、目立つほどの変更はありません(汗;))。

 

 

 最後にこれも管理人の肌感覚なのですが、年末年始の休みを終えて年が変わると、値動きの傾向がガラッと変わるというか、その年その年の値動きの特徴というものがある気がします。

 そのため年末までは機能していたロジックが、年が明けたとたん機能しなくなる事があるように感じます。

 

 年明けはこのあたりを気にしながら、上手く立ち回れたらいいなと思います(^^)。

 

 

 もっともらしいことをいろいろと書きましたが(笑)、結局この世界は結果が伴ってなんぼです!

 

 ブログをきっちり継続しながら、結果も求めていきたいと思います。

 

 

 「継続は力なり!」

 

 

 来年もよろしくお願いしますm(__)m

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました!