Web Analytics

日経225mini寄り引け+αトレードシステム~Quail~

日経225mini先物寄り引けシステムトレードのシグナルを無料公開

ブログトップ シグナル公開 トレードシステム システムトレードの作り方 おすすめ証券会社 このブログについて

先物取引とは 投資信託のすすめ

2022年7月26日(火)のシグナル

2022年7月26日(火)のシグナル

昨夜の4本値

夜間始値:27,690

夜間高値:27,800 (21:04)

夜間安値:27,625 (23:27)

夜間終値:27,720 (+0.11%)

 

------------------------------------------------------------
2022年7月26日(火)のシグナル

 

①「日中寄り引け」

 

・シグナル:

 

・枚数:2

 

・利確トリガー値幅:230

 

・LC幅:185

 

------------------------------------------------------------

 

②「利確後の世界」

 

・寄り引け利確時刻条件:

  (5分単位で1分の位を切り下げる。例:LC時刻「10:13」の場合→「10:10」)

 利確時刻が 

  8:45~9:25 または 11:30~12:25

 で取引無し

 

・トリガー価格及びシグナル:

 利確40円下落

 (日中寄り引けと同シグナル)

 

・枚数:5

 

・利確トリガー幅:利確無し

 

・LC幅:

 トリガー価格から195

 

------------------------------------------------------------

 

③「LC後の世界」

 

・寄り引けLC時刻条件:

 (5分単位で1分の位を切り下げる。例:LC時刻「12:08」の場合→「12:05」)

 LC時刻が 14:00以降 で取引無し

 

・トリガー価格及びシグナル:

 LC25円上昇

 (日中寄り引けからシグナル反転)

 

・取引枚数:4

 

・利確トリガー幅:利確無し

 

・LC幅:

 トリガー価格から140

 

------------------------------------------------------------

 

 今日の値幅予想(弱・強・爆の3段階評価):

 

 昨夜の高値と安値の差は175円、引け値は寄りプラス30円でした。

 出来高は25万枚強と少なめでした。

 アメリカは日本時間28日3時からのFOMC前で様子見が多いのでしょうか??

 

 さて、システムの方は珍しく「2枚取引」がでました。。

 やや防御姿勢といったところでしょうか。

 

 防御といえば「鉄のカーテン」、でも管理人個人的には「肉のカーテン(キン肉マン)」のほうが好みです(笑)