Web Analytics

日経225mini寄り引け+αトレードシステム~Quail~

日経225mini先物寄り引けシステムトレードのシグナルを無料公開

ブログトップ シグナル公開 トレードシステム システムトレードの作り方 おすすめ証券会社 このブログについて

先物取引とは 投資信託のすすめ

2021年5月10日のシグナル

2021年5月10日のシグナル

先週末夜間の4本値


夜間始値:29,370

夜間高値:29,420 (0:42)

夜間安値:29,265 (22:30)

夜間終値:29,415

 

------------------------------------------------------------
2021年5月10日のシグナル

 

①「日中寄り引け」

 

シグナル:

 

枚数:1

 

LC幅:175

 

------------------------------------------------------------

 ②「LC後の世界」

 

戦略:LC後同シグナル

 

寄り引けLC時刻条件:

 (5分足で判定するため5分単位で1分の位を切り下げる。

例:LC時刻「12:08」の場合→「12:05」とする)

 

無し

 

トリガー価格及びシグナル:

寄り引けLC後50上昇

 

枚数:4

 

LC幅:トリガー価格から175円(175円固定)

 

------------------------------------------------------------

 

 

 先週末は値動きの無い夜となりました。高値と安値の差は155円、引け値は寄り+45円の29,415円となりました。

 それにしてもNYダウはどこまで上昇するのでしょうか?

 管理人が保有している米国株式の投資信託も上昇を続けていて嬉しいのですが、少し怖い部分もあります。。

 

 さて、5/10の~Quail~は「1枚取引&LC幅175円」と退屈なシグナルとなりました(><)。

 「LC後の世界」は"寄りから225円上昇したら4枚売り"というシグナルです。

 発動は厳しいでしょうか・・・。

 

 また、サブブログの「寄り引け0枚の時」について取引枚数のロジックを見直しました。全体的に取引枚数が増えます(^^)。

 リンクを貼っておくので、よかったらチェックしてみてください。

 

【お知らせ】トレードシステムの取引枚数変更について「寄り引け0枚の時」